Top » インストラクター資格について

マットスのインストラクター資格について

一般社団法人マットス協会が認定する資格について



1. 当協会が認定するインストラクター資格保有者は次に示す
スキルや知識を有する者のことを指します。
① スポーツとしてのマットスの試合(ゲーム)をおこなうために
必要な知識(理論)やスキル(審判能力)を有すること。

② 子どもから高齢者に至るあらゆる層に対して、公共施設や教育機関、
民間施設等において、脳機能賦活エクササイズとしてのマットスを
教育や健康増進のために適正に指導することができる知識(理論)や
スキル(指導能力とマットス実技能力:高得点を出せること)を有すること。



2. 当協会が認定する資格には次の3種類があります。
① マットス・インストラクター
本資格は、マットス・インストラクター資格認定講習会に参加し、
講義と実習を受講し、認定試験に合格することで得られます。
マットスを指導するために必要な最も基本的な資格です。

② マットス・シニアインストラクター(上位資格)
本資格は、マットス・インストラクター資格取得後に実践の場
(マットス指導)で規定の指導経験(回数)を積んだ後、
講習会を受講し、認定試験に合格することで得られます。
マットスの指導経験が豊かな、頼りがいのあるベテラン指導者の資格です。

③ マットス・エグゼクティブインストラクター(最上位資格)
本資格は、マットス・シニアインストラクター資格取得後に実践の場
(マットス指導)で多くの指導経験を積み、かつ認定試験に合格した者に
与えられる称号です。
マットス・インストラクターを養成する立場となり、当協会が信頼をおく
重要な指導者としてマットスの普及に尽力して戴きます。



※マットスアシスタントの定義
1.本資格は、マットスアシスタント資格認定試験に合格することで得られます。

2.マットスアシスタントとは、マットスインストラクターの下位資格であり、健康支援のためのボランティアとして活動する人のことを指します。

3.マットスアシスタントは単独で指導したり、試合を開催したりすることはできません。マットスインストラクターの指示・監督の下、マットスの実践(指導や試合)をサポート(支援)することができる資格です。※指導したり試合を開催したりするためには、当協会が開催する講習会を受講し、マットスインストラクター資格を取得する必要があります。

4.あくまでもボランティア資格であるため、マットスインストラクターが利益を得て活動できるのと異なり、利益を得ないことを原則とします。

  • マットスアシスタント資格認定テスト
  • 開発者挨拶
  • マットスとは?
  • マットスの特徴
  • 手指運動による脳の若返り効果
  • マットスの学術的根拠
  • マットスのルール
  • 役一覧
  • マットス用品の販売
  • マットス個人・チーム点数表ダウンロード