Top » マットス協会とは?

一般社団法人マットス協会とは?

マットスを適正に普及するために設立されました。

今後、マットスインストラクターなどの資格認定講習会や
マットスの公認大会を企画・開催していく予定です。

マットス協会が認定する資格には、
インストラクター→シニアインストラクター→エグゼクティブインストラクター
(右にいくほど上位資格)という3つの指導者資格とアシスタント
インストラクターというサポーター(ボランティア)資格があります。



設立日


平成29年4月24日



設立の目的


当法人は、一般市民や障害者の心身の健康を維持増進することを目的とし、
その目的に資するため、次の事業を行います。

マットスとは誰でも簡単に楽しめる“脳トレ”運動(エクササイズ)です。
専用のボールをマットに投げて、落ちた場所に応じて得点化するスポーツです。

(1)  マットスの普及及び広報に関する事業 
(2)  心身の健康の維持増進を目的とする健康管理、健康の維持増進に役立つ
   運動の開発と研究及び普及に関する事業 
(3)  健康増進を行う諸団体との、交流、共同研究、相互支援に関する事業
(4)  前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業



資格の説明


インストラクター→シニアインストラクター→エグゼクティブインストラクター
(右にいくほど上位資格)という3つの指導者資格とアシスタント
インストラクターというサポーター(ボランティア)資格があります。

それぞれの資格で活躍できる範囲や貢献できる能力も違うため
より高いレベルの資格を取得することをお勧めいたします。



※マットスアシスタントの定義
1.本資格は、マットスアシスタント資格認定試験に合格することで得られます。

2.マットスアシスタントとは、マットスインストラクターの下位資格であり、健康支援のためのボランティアとして活動する人のことを指します。

3.マットスアシスタントは単独で指導したり、試合を開催したりすることはできません。マットスインストラクターの指示・監督の下、マットスの実践(指導や試合)をサポート(支援)することができる資格です。※指導したり試合を開催したりするためには、当協会が開催する講習会を受講し、マットスインストラクター資格を取得する必要があります。

4.あくまでもボランティア資格であるため、マットスインストラクターが利益を得て活動できるのと異なり、利益を得ないことを原則とします。




理事紹介


理事長 大藏 倫博

一般社団法人マットス協会 理事長
博士(体育科学)
筑波大学 体育系
高細精医療イノベーション研究コア
准教授




理事 松浦 雄一
筑波大学卒
健康運動指導士


  • マットスアシスタント資格認定テスト
  • 開発者挨拶
  • マットスとは?
  • マットスの特徴
  • マットス通信
  • 手指運動による脳の若返り効果
  • マットスの学術的根拠
  • マットスのルール
  • 役一覧
  • マットス用品の販売
  • マットス個人・チーム点数表ダウンロード