Top » マットスのルール

マットスのルール

試技のルール



①1試技につきボールは別々に4個投げます。
  4個の構成は、白(55 g)、黄色(65 g)、ピンク(75 g)、赤(85 g)を
それぞれ1個ずつとします。

②どのボールから投げても良いこととしますが、ボールを2個以上同時に投げてはいけません。

③マットの近縁から1.5m離れて立ち(もしくは椅子に座り)、その位置からボールを投げます。
 ボールを投げる際、ラインを踏んだり超えたりすると、そのボールは(1個)は
 無効となります。
 投げ終わった後も3秒以内にラインを踏む、または越えたらそのボール(1個)は
 無効となります。 

④マットの近縁から1.5m離れた地点を左右に伸ばした時に引かれる線を越えなければ
 横移動に制限はないものとします。






ボールが落ちた場所の判定方法



①線上に落ちた場合は、真上から見てボールが入っている面積がより大きい方とします。(図1)

②ボールが100 cm×100 cmのマス目の外に出た場合でも線に触れ(真上から見た時に接し)
 ていれば(オンラインとし)、その線のマス目に落ちたこととします。(図2)

③後から投げたボールが先に投げたボールをはじいて移動させた場合、
 はじかれた後に移動した(4個のボールを投げ終わった後の)場所が正式なボールの居場所とします。

④完全にマットの外に出たボールは表左下の×を丸で囲みます。得点は0点です。

  • マットスアシスタント資格認定テスト
  • 開発者挨拶
  • マットスとは?
  • マットスの特徴
  • 手指運動による脳の若返り効果
  • マットスの学術的根拠
  • マットスのルール
  • 役一覧
  • マットス用品の販売
  • マットス個人・チーム点数表ダウンロード